カトレヤ幼稚園について|東京都練馬区にある関町カトレヤ幼稚園は思いやりの心とやる気人間性を育てます。

アクセスマップ

当園について

ごあいさつ

家庭から「社会へのデビュー」
新しい環境への羽ばたき!!
お子様にとって、それはそれは大変な努力を要することです。
温かで愛情豊かなご家庭で育まれたお子様は「社会へのデビュー」をする年齢になりました。
―啐啄の機―ご両親の手を離れてお友だちとの出会いが、お子様にとって大きな
「成長」へと、羽ばたくことでしょう!!

この大切な幼児期に歩き、走り、言葉を覚え、あらゆることに興味・関心を示し、
さまざまな力を短期間に身につけていきます。
それゆえ、「動くこと」「感じること」「考えること」「伝えること」、これらの基本的な能力を、
幼児期にしっかりと育んでいかなければならないと考えます。
「人生の基盤」を作る――。そうした環境を提供できる関町カトレヤ幼稚園です。

園長 川谷 登喜子

本園の特色

“健康で明るく情操豊かな子ども”
“思いやりの心とやる気”
緑いっぱいの自然環境の中で、無限の可能性を思う存分発揮でき、
“目がキラリ!!”…そんなあそびの世界を提供します。

  • 生きる力の基礎
    基本的な生活習慣をしっかりと身につける
    自分の考えをしっかりと持ち、意欲的に行動する自律性を育てます。
  • 思いやり、豊かな人間性
    集団の中で、友だちと仲良く楽しく生活できる社会性を育てます。
  • 心身共に健康で礼儀正しく努力する心を育てます。
  • 自主的な生活態度を身につけ、最後までやりぬく子。
    一人ひとりの可能性の芽を伸ばします。

教育目標

1
だれとでも よくあそべる子
(仲良く遊べる子ども、あそびを工夫して遊べる子ども、相手の気持ちを
わかる子ども、自分の意志を伝えられる子ども)
2
自分から何でもやりがんばる子
(最後までやりぬく子ども、自分で考えて行動できる子ども)
3
丈夫なからだの子
(進んで外に出て元気に遊ぶ子ども、落ち着いて行動できる子ども)
4
思いやりのある子
(動植物にいたわりの気持ちを持てる子ども、物を大切にする子ども、
友だちにやさしくできる子ども)

園の概要

園の概要

静かな環境の中にある「関町カトレヤ幼稚園」は、子どもたちにとって「生活の場」。
本園は創立者、川谷甚三郎が、美しく気品の高い可憐な花「カトレヤ」から名づけました。子どもたちが「カトレヤ」のごとく優しく、
健やかに育つように願うその精神を受け継ぎ、時代と共に変わるものと、時代を経ても変わらないものとを、絶えず見つめていきます。

園地 総面積2,978㎡
園舎 総面積1,109㎡
送迎バス 冷暖房付き 幼児専用バス
定員 1年保育・105名、2年保育・105名、3年保育・105名

園の歴史

園の歴史

昭和41年4月、年長5名・年中37名の園児を迎えて開園しました。当時は4クラスの保育室とホール(現在のすみれ組・ゆり組の教室の位置)が建っていましたが、現在のホールが建つ以前には大きな藤棚があり、4月から5月にかけて房の長いきれいな藤の花が見事に咲き誇っていました。
当園では、開園以来のお弁当に合わせ、創立17年目より給食も実施しています。また、以前は紺の上下の制服を着用し、当園後スモックに着替えていましたが、創立25年目からは現在のスモック登園に切り替えました(トレーニング着を着用する日もあります)。平成元年1月よりスクールバスを導入し、現在に至っています。
なお、開園8年目より運動あそび(体育指導)も継続して実施しています。
特に年長児の組体操は連帯感、忍耐力、協調性など、運動会にて如何なく発揮されています。
創立51年目を迎えた平成28年度までに、当園からは4,582名の卒園生が巣立っています。

アクセスマップ

〒177-0053 東京都練馬区関町南4-1-27

TEL:03-3920-0316/FAX:03-3920-0318

JR・西武新宿線「武蔵関駅」南口より徒歩15分